FC2ブログ
   
11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ところでクリアしましたよ

何時間か前に無事ポケモンブラック」をクリアしました!

チャンピオンロードからエンディングまで、ノンストップで猛進しました。

今回はもうほんと、色々とすごかったです。


この感動を忘れないためにも、感想をつらつらと書きます。


※この先ネタバレ注意報!





○四天王戦
今回の四天王、驚いたのは見覚えのあるカトレアお嬢様の姿があったことです。シンオウのバトルフロンティアにいた(だけ)の彼女がこんなところで登場するとは夢にも思ってませんでしたよ。しかも程良く成長していらっしゃる。超かわいい。
この話は未来の話なのか、はたまたパラレルワールドの話なのか疑問に思いましたが、恐らく前者でしょうね。
コクランさんはフロンティアで留守番中なのでしょうか、気になります。ワッハ!

今回の四天王戦は、はっきり言えば今までの作品よりも難易度は格段に低くなってます。中の人も結構身構えて回復アイテムをぎりぎりまで買い込みましたが、予想よりも使わずじまいだったのでなんだか拍子抜け。全員4体しかポケモンを所持していないので、手持ちが50レベ前後あればまぁ勝てないことはないでしょう。薬やらげんきのかけらやらをたくさん所持していれば問題はないかと思います。

「意外と大したことなかったな~四天王」なんて思ってましたが、まさか意外なあの人との戦闘で苦しめられることになろうとは・・・これについては後ほど。

そして今回、衝撃を受けたBGMの1つがこの四天王戦でした。

実は四天王戦専用のBGMって少ないんですよね。DPPtはジムリ戦BGMのアレンジだし、HGSSはジョウトジムリ戦BGMと同じだし。FRLGは忘れてしまいました・・・。
この曲はRSEの四天王戦BGMにひけを取らない完成度だと思います。まさに負けられない真剣勝負。
ジムリーダー戦が割と明るめの曲だったので、この重厚でかっこいい曲がきた時「こ、これは・・・!」と思いました。ジムリ戦と対比がなされているのでしょうか?少し重苦しい雰囲気がとても好みです。

よく聞くとRSE四天王戦のBGMのフレーズがちょっとだけ入ってるのでもしかしたら意識したのかもしれませんね。


○N戦
いよいよ本当のクライマックス、世界の命運をかけたNとの戦闘です。ここでのストーリーの流れはもう、言葉に出来ないぐらいにたぎりました。あんなに興奮したのは久しぶりです。
なんてったってNのゼクロム(レシラム)VS自分のレシラム(ゼクロム)なんていう激燃え展開になるんですからね!ミネズミをボックスに送ることを一瞬ためらいましたが、正直預けて正解だったと思っています。
「本当に最後の戦いにきたんだ」という感動と「絶対に負けられない、絶対に勝たなければ」という使命感をあおる演出ですよね。


この緊迫した雰囲気のBGMも絶妙にマッチして、さらに焦らせてくれるんですよねぇ。

これまでたくさんのポケモンシリーズをプレイしてきましたが、演出に心から感動したのはこれが初めてかもしれません・・・それぐらいすごかったです。もう1回やり直してもいいぐらいです。本当にすごかった。

ゼクロム以外の手持ちにはそこまで苦労しなかったです。ゾロアークが出てきた時はさすがに驚きましたけどね。ネットで見た感想によれば、ゾロアークはとくせい「イリュージョン」で他のポケモンに化けて出てくるのが普通(?)なようですが、この時は化けずに普通に出てきました。化けて出てくるゾロアークも見たかったですね・・・。


○ゲーチス戦
N戦が終わりひと息ついたところでまさかの黒幕ゲーチスとの連戦。いつかバトルすることはわかってましたが、まさかN戦のあとでバトルになるとは思ってませんでした。
さすがにポケモンは全回復されていたのでほっとひと安心・・・したのもつかの間、
強敵すぎて本当に負けるかと思いました。
Nより苦労したとかなんだってんだよー!って感じでした。

何がひどかったかって・・・プレイ済みの方ならわかると思いますが、サザドラという非常に禍々しい姿をしたドラゴンポケモンの強さが異常だったということです。
サザンドラは私に一生忘れられないようなトラウマを残していきました・・・なにあれこわい。頭が3つとか超こわい。進化前のモノズはあんなにかわいいのに、どうしてあれがああなったんだ・・・。夢に出そうなぐらいこわい。あんなのに出会ったらショック死しそうなぐらいこわい。ぶっちゃけダストダスより生理的に受け付けられない・・・

ヒュドラ(伝説上の生き物)は許せるのにサザンドラが許せないのは・・・きっとあのバトルの雰囲気が禍々しすぎたからでしょう。

BGMからして禍々しい・・・ゲーチス自身が禍々しいからですね、きっと。曲の途中で「ゲーチス、ゲーチス」と言っているようなコーラスが入ります。なにこれこわい。

後で調べてわかったことなのですが、サザンドラは進化前のジヘッドが65レベになるまで進化しないようですね・・・。しかしゲーチスが持っていたサザンドラは明らかに65レベ以下・・・

ワタル「どういうことなの・・・」

私が聞きたいです。


○エンディング
ゲーチスとの・・・というかサザンドラとの死闘を終え、無事にエンディングまでたどり着きました。
Nの最後の一連の言葉で不覚にも泣きそうになってしまいました。ポケダンで号泣したのは数あれど、ポケモン本編で泣きそうになったのはこれが初めてです。

Nは普通に生活していたなら本当にいい人になっていたはずなのに、育った環境のおかげであんな風に育ってしまったんでしょうね。生まれながらの悪人なんていないんですよ、悪いのは育った環境、今まで歩んできた世界の環境なんですよね・・・。それを思うと、Nはかわいそうな人だったんだなぁと思います。

「それじゃ・・・サヨナラ・・・!」

ED曲、最高でした。




さて、クリアしてみての感想は・・・ストーリーは今までで1番奥深い作品だったと思います。色々と考えさせられる内容でした。
人間はそれぞれ考え方が違いますが、どれも間違っていないし、どれも正しくもないということでしょう。大事なのはどれが正しいか、間違っているかを力づくで決めることではなく、どれぐらい自分と違うものを認められるか、分かりあえるかということではないでしょうか。

黒か白か。そのどちらかしか選べずどちらかしか楽しめないのは、とても窮屈でひどく退屈なものですよね。だから他のものを取り入れようとするんです。黒だったら白を取り込もうとするし、白だったら黒を取り込もうとする。そのように色々なものを吸収していくうちに心はどんどん複雑になっていくし、世間は混沌としてくるのですが、そうやってどんどん色々なものを取り込んでいけるのが人間の一生の醍醐味なのではないでしょうか。そうしていくうちに、自分の世界もどんどん広がっていって充実した生活を送れるようになるんでしょう。

・・・とまぁ良い意味でポケモンらしくない感想を抱きました。やっぱりメッセージ性のあるストーリーは色々考えさせられますね。テーマが重いので若干子ども向けではない気もしましたが、良いゲームとは大人も子どもも純粋に楽しめるものであるべきなのでこれぐらいしてくれた方が逆に老若男女問わず楽しめますよねぇ。


とにもかくにも、最後まで存分に楽しめました。
本当に、言葉に出来ないぐらいすごかったので詳しく伝えられない部分もありましたが、これはやった人にしかわからない感情だと思って・・・!
出来ればまた始めからやり直したいぐらいです。
スポンサーサイト

テーマ : ポケットモンスターブラック・ホワイト
ジャンル : ゲーム

tag : ポケモン ポケモンBW

Secre

ひと目で分かる更新日

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

中の人はこんな感じだよ

華凛

Author:華凛
大体"華凛"か"かりん"と名乗ってます。

【特徴】
・もうすぐ20代。
・よく中学生に間違えられる。
・デザイナー志望。
・結構残念なヲタ。
・いつだって甘ロリ。
・あひる好きのひよこ好き。
・主食はパスタ。
・すぐにギャグに走りたくなる。

【愛】
・ポケモン
・遊戯王シリーズ
・東方project
(ギリNシューター)
・幽遊白書
・ディズニー
・カービィ
・ALIPROJECT
最近は輪るピングドラムに夢中。

くわしいプロフはこちら

コメント大歓迎ですが、ひとこと挨拶を添えて下さるともっと嬉しいです。スパムと判断した場合は削除しますのであしからず。

ゆっくりしていってね!!!

カテゴリーいろいろ

コメント感謝

繋がリンク

これまでの歩み

ブログ内検索してみる?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。