06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

個性的なキャラについて1人で真剣に考える記事

マンガやアニメを作る時はストーリーはもちろんの事、登場人物達にも気を気を配らなければいけません。「ストーリーは嫌いだが、キャラは好き」と言った、いわゆるキャラ萌えというものだってあるんですし。

そこで考えたのですが、
魅力的で個性的なキャラは「一般思想のキャラがいてこそ輝ける」と思うのです。


以下「らき☆すた」と「魔法陣グルグル」が好きな方は不快になるかもしれません。

あと記事書いてる人の頭が結構可哀想なので、乱文になってます。暗号解読する気分で生ぬるく見守ってください。





キャラでも人間でもそうですが、何かと何かが比べられる機会は多いものです。三次元の人間について言うとものすごい量になってしまうのでここでは書きません。今回は二次元のキャラだけを考えます。

当たり前の事ですが、物語の中には人物がたくさん出てきます。その中には大抵「度を抜いて個性的なキャラが1人くらいいるものですが、この変なキャラがどのぐらい変わっているか、というのは何か比べる対象がいないと分かりません。

例として「涼宮ハルヒの憂鬱」をあげましょう。この物語の中で1番変わっている人物といえばやはり「涼宮ハルヒ」本人でしょう。例の有名な自己紹介もさることながら、キョンが谷口から聞かされる「ハルヒの中学生時代」の話からしても特異なキャラということが分かります。
しかし、この「涼宮ハルヒは変わった人物だ」という概念は、知らず知らずの内にハルヒが誰かと比べられた結果判明した事実だ、ということなんです。少し強引かもしれませんが。この「涼宮ハルヒの憂鬱」で言えば「ハルヒ」と「他の一般人=キョン」とが比べられているのです。

仮にキョンがいつものハルヒをも上回る奇行に走っているとしましょう。夜中に学校のグランドですっ裸で悪魔召喚を試みたりしてれば、キョンは立派な「変人」と化します。
この変人キョンと、ハルヒを比べてみたら……大抵の人は「ハルヒよりキョンの方が変わっている」と言うはずです。
この事から考えると、「ハルヒと比べたおかげでキョンが誰よりも変人だったことがわかった」という事実が発覚します。この事実は、キョンとハルヒを比べなければ当然分からなかった事実です。そして比較されたことによって「キョンの個性がより引き立てられて、晴れてキョンは物語の中で1番の変人に格付けされた」ってことになります。と同時に「ハルヒが普通なキャラとして決定づけられた」とも言えます。「個性的度」でハルヒはキョンに負けてしまったのです。それのおかげで「ハルヒも変人」というもうひとつの事実が薄れてしまったというわけですね。

・・・ここらへんで、キョン変人説は終わりにしましょう。キョンがかわいそうなんで(笑)

話を始めに戻しましょう。ハルヒは個性的というのは、一般人のキョンと比べたからこそ分かった事実です。比較するということは1つの魅力が輝き、もう1つの魅力が薄れる、といういわば弱肉強食みたいな感じなんです。このように、どんなキャラでも常に他のキャラと比べられる立場にあるのです。


じゃあ比較するキャラがいなければ個性的なキャラは作れないのか、と言うとそんなことはないと思います。ただ、インパクトに欠けてしまうという欠点はあります。

ここで「魔法陣グルグル」「らき☆すた」を例に出しましょう。「魔法陣グルグル」は、実はあのテンションについていけなくなってしまいまして、原作読むのを止めてしまったんですよ(歳かしら?15歳なのにwwww)あのテンションが高いのがグルグルの魅力なのにね!

それではなぜ私のような人間があのテンションについていけなくなってしまったのでしょうか。答えは簡単です。

あのマンガにはツッコミキャラ=一般人がいないからです!

グルグルはギャグファンタジーマンガです。一般的に、ギャグマンガはツッコミがいないと成り立ちません。そーいうものです。このツッコミキャラというのは、先程散々書いた「一般思想の人間」として定義できます。このツッコミキャラとボケキャラのテンションの温度差を比較することで、ボケがより際立つ・・・というわけなんですが、あのマンガホントにこれと言ったツッコミキャラがいないんですよね。いや、いるかもしれませんが、私が見た中ではいなかったです。皆ボケ倒しているので、どの場面でもテンション最高潮です。なので、私のような人間ははっきり言っておいてけぼりになってしまうんです。これは、キャラの中の温度差ではなく物語と私達読者の温度差によって起こってしまいます。物語に入る、というより、テンションMAXの物語を眺めるような感じ。
ここで「銀魂」の「新八」みたいな、しつこいツッコミ要員がいれば少しは違うんでしょうけど。ってか、あのマンガは「読者がツッコミ要員」ってことなんでしょうけど。あのマンガはカオス要素が多すぎてツッコミきれないんですよ・・・orz

キャラの話に戻します。グルグルには先程言ったとおり「ツッコミ=一般人」がいないわけです。そうなると、ハルヒの時のようにキャラとキャラとを比較することが容易ではなくなってしまうんですね。ニケとかククリとか、1人1人の個性は際立っているのですが、なんせ比べる一般人キャラがいませんからね・・・個性と個性がぶつかり合って相殺されちゃっているんです。始めに書いたとおり、それぞれのキャラのインパクトが薄くなっちゃうと思います。

物語と読者の温度差の話を書きましたが、ここで「らき☆すた」のような「ゆるゆる~な話」を例に出しましょう。あれはゆるゆる~な物語と、とりあえず一般思想?の4人組が主になっているアニメです。はっきり言って、読者と物語の温度差がありません。それがなければ、比較されるキャラ同士もいませんだってみんな普通なんだもんwwwwwww
それが魅力なんでしょうが・・・私にはどうもあんまり。グルグルみたいなテンション高すぎもどうかと思いますが、テンション上がらない一方通行もどうかと・・・。

・・・と、長々と語りましたが、もう自分が何言ってるのかわからなくなってきましたのでこれにて終了といたします。とりあえず、キャラ業界も比較されっぱなしの恐ろしい世界なんですね・・・((((゚Д゚; )))ガクガクブルブル

スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

tag : キャラ

Secre

ひと目で分かる更新日

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

中の人はこんな感じだよ

華凛

Author:華凛
大体"華凛"か"かりん"と名乗ってます。

【特徴】
・もうすぐ20代。
・よく中学生に間違えられる。
・デザイナー志望。
・結構残念なヲタ。
・いつだって甘ロリ。
・あひる好きのひよこ好き。
・主食はパスタ。
・すぐにギャグに走りたくなる。

【愛】
・ポケモン
・遊戯王シリーズ
・東方project
(ギリNシューター)
・幽遊白書
・ディズニー
・カービィ
・ALIPROJECT
最近は輪るピングドラムに夢中。

くわしいプロフはこちら

コメント大歓迎ですが、ひとこと挨拶を添えて下さるともっと嬉しいです。スパムと判断した場合は削除しますのであしからず。

ゆっくりしていってね!!!

カテゴリーいろいろ

コメント感謝

繋がリンク

これまでの歩み

ブログ内検索してみる?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。